膣がんの予防方法【膣がんの警告】

膣がんにはこんな予防方法があります

膣がんを発症する年齢は50歳~60歳くらいの比較的高齢の人に多くみられます。
しかし、中には20代や30代でも発症する人もいます。

膣がんも他のがんと同様に、早期発見、早期治療が重要ながんです。
異変を感じたときや、少しでも膣がんの疑いがある場合は、すぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

膣の扁平上皮がんの発症要因として、子宮頸がんの原因と同じヒトパピローマウイルス感染によるものや、尖形コンジロームのような性感染症にかかることがあげられます。
そのため、これらの性感染症に感染しないように注意することが予防となります。
ヒトパピローマウイルスは多くの場合、性交渉により感染することがわかっています。
ヒトパピローマウイルスに感染しないためにも、不特定多数との性交渉をしない、性交渉時には必ずコンドームを使用する、いつも体を清潔に保つなどが予防方法としてあげられます。

膣がんの検査は、細胞診やフルスコープ診により行ないます。
細胞診は、綿棒などを使って膣の細胞をこすりとり、それを顕微鏡で検査する方法です。
この検査により膣がんが発見されることがあります。
一方、フルスコープ診は、内視鏡を使った検査のことで、膣内を拡大して検査することができます。
細胞診やフルスコープ診などの検査により、がんが発見された場合は、さらに細かく検査をしていくことになります。
またがんの広がりや転移の有無を調べるために、X線やCT検査、MR検査などを行なうこともあります。
これらの検査を行なうことにより、早期に段階に発見し、早期に治療を行うことが可能になります。
早期治療を行うためにも、少しでも異常を感じたらすぐに受診することが何よりの予防策となります。

がんの克服方法

膣がんの予防方法【膣がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ