膣がんの原因【膣がんの警告】

膣がんにはこんな原因があります

膣がんを発症するはっきりとした原因はいまの段階ではわかっていません。
膣がんのほとんどが扁平上皮がんです。
腟の扁平上皮がんは、その発症要因として、同じく同じく女性のがんである子宮頸がんと同様に、ヒトパピローマウイルスに感染することが発症のリスクとしてあげることができます。
尖形コンジロームのような性感染症にかかることも発症リスクを高くするといえます。
その他、慢性膣炎などの病気にかかることなどがあげられます。

また、妊婦がディ・エチル・スチル・ベストロール(DES)を使用することで、生まれてくる子どもが膣がんを発症する確率が高くなるといわれています。
ディ・エチル・スチル・ベストロール(DES)は流産を防ぐために妊娠中に服用するものです。
この場合は、膣がんでもまれな明細胞がんにみられる発症要因です。
現在アメリカでは、このディ・エチル・スチル・ベストロール(DES)の薬の使用を禁止しています。

子宮頸がんや膀胱がんなど、他のがんが膣に転移することによっても、膣がんを発症します。
膣から発生する「原発性がん」に対し、転移による発生は「転移性がん」となります。
膣がんの発症例のうち、原発性がんは約30%で、残りの70%は転移性がんになります。
膣がんを発症する年齢はだいたい50歳台~60歳台の女性が多くなります。
このことから、高齢になるほど、膣がんの発症リスクが高くなることが考えられます。

がんの克服方法

膣がんの原因【膣がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ