膣がんの症状【膣がんの警告】

膣がんにはこんな症状があります

膣がんは非常にまれながんで、婦人科のがんのうち約1%程度を占めるのみです。
膣は、弾力性のある筋肉の管で、約10センチ~20センチほどです。
膣は粘膜で覆われいて、この粘膜からがんが発生します。

膣がんの主な症状としては、不正出血があげられます。
これは生理日以外での出血、あるいは閉経後の不正出血などがあります。
また、性交渉による不正出血もあります。
不正出血以外の症状としては、血液の混じったおりもの、悪臭のあるおりものなどがあげられます。
これらの症状がまったくあらわれない場合もあります。

また、排尿時に違和感や痛みを感じるといった症状があらわれる場合もあります。
また性交時の痛みや下腹部痛がおこることもあります。
さらにがんが進行すると、膣内にしこりのようなものを感じるようになります。

膣がんは進行が早く、他の部位にも転移しやすいがんです。
これは膣が薄い壁でできており、リンパ管が多くあるため、他の部位に浸潤しやすいためです。
膣がんが、外陰部や骨盤や骨、膀胱、近くの臓器など他の部位に転移すると、さまざまな症状があらわれます。
膣がんは、骨盤のリンパ節を経由して肺にも転移しやすくなります。
がんが子宮や膣の周りの臓器にまで転移し、膀胱にまで浸潤すると、膀胱を圧迫するようになり頻繁に尿意を感じたり、あるいは排尿のときに痛みを感じるなどの排尿障害などがあらわれます。
また、直腸に転移すると、排便障害がおこることがあります。
これらの障害には痛みや不快感も伴います。

がんの克服方法

膣がんの症状【膣がんの警告】記事一覧

膣がんの原因【膣がんの警告】

膣がんを発症するはっきりとした原因はいまの段階ではわかっていません。膣がんのほとんどが扁平上皮がんです。腟の扁平上皮がんは、その発症要因として、同じく同じく女性のがんである子宮頸がんと同様に、ヒトパピローマウイルスに感染することが発症のリスクとしてあげることができます。尖形コンジロームのような性感染...

≫続きを読む

膣がんの予防方法【膣がんの警告】

膣がんを発症する年齢は50歳~60歳くらいの比較的高齢の人に多くみられます。しかし、中には20代や30代でも発症する人もいます。膣がんも他のがんと同様に、早期発見、早期治療が重要ながんです。異変を感じたときや、少しでも膣がんの疑いがある場合は、すぐに病院で検査を受けるようにしましょう。膣の扁平上皮が...

≫続きを読む

膣がんの治療方法【膣がんの警告】

膣がんの治療は、外科療法、放射線療法、化学療法の3つが主な治療法です。そのほかにもレーザー治療を行うこともあります。どの方法で治療を行っていくかは、がんの種類や進行具合などによって選択していきます。外科療法は、手術により腫瘍部分を切除する方法です。手術によってがんをすべて取り除くことができれば、それ...

≫続きを読む

膣がんの名医【膣がんの警告】

膣がんは非常にまれながんのため、婦人科の専門医でも膣がんを治療した経験のない医師も多くなります。そのため、検査をしても発見が遅れたり、治療が遅れたりといったことが起こる場合もあります。そのようなことにならないためにも、膣がんの症例を多く扱った経験があり、技術、実績ともに優れた産婦人科医のいる病院を探...

≫続きを読む

膣がんの手術方法【膣がんの警告】

膣がんのできやすい部位は、膣の入り口や、子宮側の奥のほうなどです。しこりのような硬い潰瘍状のものができます。膣がんの手術は、がんのできた部位により行なうかどうかを判断することになります。膣の上半分にがんがある場合、あるいはがんの病巣が表面に限定している場合は、手術によりがんを切除することが可能です。...

≫続きを読む

膣がんの克服方法【膣がんの警告】

膣がんの予後は残念ながら比較的不良となっています。5年後の生存率は、約40%~50%程度になります。これはあくまでもデータであり、数字はがんの進行具合や患者によっても変わってくることが予想されます。しかし、膣がんは転移がしやすく、進行もはやいがんのため、再発もしやすくなることで、生存率も低くなること...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ