子宮体がんの名医【子宮体がんの警告】

子宮体がんにはこんな名医があります

子宮体がんの治療をするにあたってもっとも重要なことは、治療を行う前に、治療法などについて患者としっかり向き合って話し合い、事前にじっくりと打ち合わせすることです。
特に、手術後も妊娠や出産を希望する患者は、そのこともしっかりと確認しておかなければなりません。

子宮体がんの手術では、がんの大きさはどの程度で、手術によってどの範囲をどのくらい切除するのか、また、術後の治療は具体的にどのようなことを行うのか、副作用などの心配はどうかなど、必ず確認するようにします。
また、ホルモン療法を行う場合なども、あとで後悔しないためにも、治療後の副作用についてしっかりと確認しておくことが重要です。

そういった意味でも、患者の不安な気持ちを少しでもやわらげ、患者の意思を最大限に尊重してくれる医師こそが名医の条件といえます。
もちろん、手術の経験の豊富さや技術、評判も大切ですが、まずなによりも患者の話にじっくりと耳を傾け、意見を尊重してくれる医師で、かつ信頼のおける医師を選びましょう。
また、治療法にどうしても納得がいかない場合は、遠慮しないで積極的にセカンドオピニオンを聞くようにしましょう。

子宮は女性にとってとても大切な体の一部です。
そしてその治療は一生にかかわる問題でもあるので、慎重に医師選びをしましょう。

がんの克服方法

子宮体がんの名医【子宮体がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ