子宮体がんの治療方法【子宮体がんの警告】

子宮体がんにはこんな治療方法があります

子宮体がんの治療法は、外科療法、放射線療法、化学療法に加え、ホルモン療法があります。
子宮体がんの場合は、ほとんどが腺がんのため、子宮頸がんのような放射線治療はほとんど行われません。
放射線治療は他の療法の補助療法として使われる程度です。

子宮体がんの場合は、ほとんどが外科療法による治療になります。
術後に妊娠や出産を希望する患者に関しては、外科療法と併用して、ホルモン療法でも治療を行っていきます。

ホルモン療法は、子宮がんのがん細胞の増殖の原因となるエストロゲンの働きを抑え、反対に子宮がんの進行を抑制するはたらきのあるホルモンであるプロゲステロンを増加させたりする療法です。
このエストロゲンやプロゲステロンががん細胞に作用するためには、がん細胞とホルモンを結合させる働きのあるレセプターと呼ばれるものが必要になります。
ホルモン療法が行われるのは、おもに、妊娠や出産を希望する患者で子宮をそのまま残すことを希望する場合に用いられます。
また、状態が悪く、化学療法による治療が困難な場合や、再発防止の治療法としても利用されます。
しかし、ホルモン療法の場合、副作用として、血栓症など、血管内で血液が固まってしまうという症状が起こることがあるので、行う場合には注意が必要です。

がんの克服方法

子宮体がんの治療方法【子宮体がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ