子宮体がんの原因【子宮体がんの警告】

子宮体がんにはこんな原因があります

子宮がんは、婦人科のがんの中でもっとも多いがんです。
子宮体がんになる主な原因としては、女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっています。
このエストロゲンの分泌の乱れが子宮体がん発症の原因と考えられています。
女性ホルモンのエストロゲンは、脂肪を多く摂取することによって多く分泌されます。
そして、このエストロゲンを多く分泌する期間が長くなればなるほど、子宮がんを発症するリスクが高くなるとされています。

そのことからも、脂肪分を多く摂取しすぎる食生活を続けていたり、偏った食事を摂りつづけていると、当然、子宮がんにかかるリスクも高くなります。
また、肥満傾向の人、糖尿病、高血圧、高コレステロール値の人もリスクが高くなります。

子宮体がんの患者は、閉経前後の時期の女性や、50歳代の女性に多く見られます。
妊娠や出産の経験がない人、無排卵の人、更年期障害等の治療で使われるエストロゲン、乳がんのホルモン療法で用いられるタモキシフェンも子宮体がんにかかるリスク要因にあげられます。

また、子宮体がんは、糖尿病、高血圧とも関連があるといわれています。

子宮体がんは、月経によりはがれる子宮内膜の細胞ががん細胞に変化したものだとされています。
そのため、これまでは、子宮体がんは、閉経後の女性に多い病気とされてきました。
しかし、最近では、若年性子宮体がんといって、閉経前の若い女性も発症する人が増えてきました。

がんの克服方法

子宮体がんの原因【子宮体がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ