子宮体がんの症状【子宮体がんの警告】

子宮体がんにはこんな症状があります

一般に「子宮がん」という言葉が使われますが、実際には子宮がんは、子宮体がんと子宮頸がんの2通りに分けられます。
子宮体がんは子宮の奥の子宮内膜にできるがんで、子宮内膜がんともよびます。
一方、子宮頸がんは子宮の頚管の上皮にできるがんです。
子宮体がん、子宮頸がんともに女性に特有のがんです。
子宮頸がんについては別の章で詳しく述べることにして、ここでは子宮体がんについてみていきます。

子宮体がんの症状でもっともよく見られるのは、不正出血です。
不正出血は子宮体がんの数少ない初期の症状としてあらわれることが多く、閉経後の場合でも出血が見られます。
閉経後の不正出血は気づきやすいですが、閉経前の場合は単なる生理不順と勘違いしがちです。
生理でもないのに出血が見られるようであれば要注意です。

また、子宮体がんの症状として、おりものがあります。
おりものに悪臭を感じ、いつもと色や臭いが違うと感じたら要注意です。
おりものは、はじめのうちは普通ですが、進行が進むにつれて血や膿が混じるようになります。
これは子宮内に血や膿がたまってくることによります。

さらに子宮体がんが進行すると、おりものだけではなく、下腹部の痛み、腰痛があらわれます。
また、血便による排便障害、血尿による排尿障害のほか、発熱や寒気を感じることもあります。

さらに進行すると、下腹部の痛みは激しいものになります。
このような状態になると、がんが子宮以外のほかの部分にまで転移してしまっていることが考えられます。
がんが転移すると、貧血、体重減少、食欲減退などの症状もあらわれてきます。

一般的に、子宮体がんの進行のスピードは、子宮頸がんにくらべて緩やかな傾向にあります。

がんの克服方法

子宮体がんの症状【子宮体がんの警告】記事一覧

子宮体がんの原因【子宮体がんの警告】

子宮がんは、婦人科のがんの中でもっとも多いがんです。子宮体がんになる主な原因としては、女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっています。このエストロゲンの分泌の乱れが子宮体がん発症の原因と考えられています。女性ホルモンのエストロゲンは、脂肪を多く摂取することによって多く分泌されます。そして、このエ...

≫続きを読む

子宮体がんの予防方法【子宮体がんの警告】

子宮体がんは早期に発見できれば、ほぼ完治することができる病気です。しかし、早期の段階では症状がほとんどあらわれないこと、それに加えて、子宮体がんの検診を受ける女性が少ないことにより、毎年、子宮体がんで死亡してしまう患者もたくさんいます。早期発見のためには、年に一度は定期健診を受けるようにしましょう。...

≫続きを読む

子宮体がんの治療方法【子宮体がんの警告】

子宮体がんの治療法は、外科療法、放射線療法、化学療法に加え、ホルモン療法があります。子宮体がんの場合は、ほとんどが腺がんのため、子宮頸がんのような放射線治療はほとんど行われません。放射線治療は他の療法の補助療法として使われる程度です。子宮体がんの場合は、ほとんどが外科療法による治療になります。術後に...

≫続きを読む

子宮体がんの名医【子宮体がんの警告】

子宮体がんの治療をするにあたってもっとも重要なことは、治療を行う前に、治療法などについて患者としっかり向き合って話し合い、事前にじっくりと打ち合わせすることです。特に、手術後も妊娠や出産を希望する患者は、そのこともしっかりと確認しておかなければなりません。子宮体がんの手術では、がんの大きさはどの程度...

≫続きを読む

子宮体がんの手術方法【子宮体がんの警告】

子宮体がんは、ほとんどの場合、外科療法による治療になります。早期発見の場合は、子宮のみを摘出する単純子宮全摘出術がおこなわれることが一般的です。単純子宮全摘出術は、手術により子宮、卵巣、卵管を摘出します。子宮体がんでは、卵巣も一緒に摘出しますが、これは、卵巣から分泌されるエストロゲンといわれる女性ホ...

≫続きを読む

子宮体がんの克服方法【子宮体がんの警告】

子宮がんの検診というと、子宮頸がんの検診のことだけをさす場合がよくあるので、検診を受ける際には注意が必要です。子宮体がんは子宮の内側に発生するため、子宮頸がんの検診では発見できないのです。子宮体がんの検診によりがんが早期に発見された場合は、すぐに治療をすることで完治することが可能です。子宮体がんを早...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ