子宮頸がんの手術方法【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな手術方法があります

円錐切除術は、子宮の頚部を円錐状に切除する方法です。
手術後、切除した頚部の組織を顕微鏡で詳しく調べます。
そして、それ以上にがんが広がっていなければ、手術はこれで終わりになります。
さらに進行が見られる場合は、さらに広い範囲の切除手術が必要になります。

円錐切除術の場合、術後に妊娠や出産が可能になります。
しかし、子宮の頚部を切除しているため、子宮口が広がりやすくなり、そのため流産の危険性も大きくなります。

次に、レーザーを照射してがん細胞を焼き殺すレーザー蒸散術があります。
この方法は、早期の段階に限られ、上皮内にできたがんに限定されます。
術後の妊娠や出産にも影響しないことが利点として挙げられます。
一方で、がん細胞をレーザーで焼き殺してしまうため、円錐切除術のように術後に細胞組織を検査することができません。

単純子宮全摘出術は、ごく初期の段階で、子宮だけを摘出する方法です。
開腹して行う場合と、膣を通して摘出する場合があります。
開腹して摘出する方法のほうが確実性が高いため、通常は開腹式が行われます。

拡大子宮全摘出術は、子宮だけでなく、周囲の組織や膣の一部も切除します。

広汎子宮全摘出術は、子宮と一緒に、膣、卵巣、卵管なども広い範囲で切除します。
また、がんがリンパ節にまで転移している可能性が高いため、骨盤内のリンパ節の切除も同時に行います。

骨盤内臓全摘出術は、非常に進行が進んだ場合に用いられる方法です。
がんが子宮外にまで転移している場合に行われます。
手術は、子宮のほかに、膣、直腸、膀胱、下部結腸も切除しなければなりません。
人工肛門、回腸導管なども同時に再建するため、とても大きな手術になります。

がんの克服方法

子宮頸がんの手術方法【子宮頸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ