子宮頸がんの名医【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな名医があります

医学の進歩に伴い、子宮頸がんの治療の分野でもその治療方法は多様化してきています。
そのため、医師により治療方法が異なることもしばしばあります。

子宮頸がんを治療するにあたっては、担当の医師と治療法などについてじっくりと話し合い、決定することが重要です。
子宮頸がんは、場合によっては子宮を切除することになります。
そうすると、その後の人生において、妊娠や出産といった選択肢が選べなくなる可能性も出てきます。
このことは女性にとって大変に大きな問題です。

選択した治療方法においては、メリットのほかにも必ずデメリットについても知っておく必要があります。
治療方法、治療にかかる期間、費用のことはもちろんのこと、何よりも患者の体への負担を考えてくれる医師が名医といえるでしょう。

話し合った上でもしも納得がいかない場合は、積極的にセカンドオピニオンを聞きましょう。
医師と十分話し合った上で、患者が十分に納得し、最終的に判断を下すことを「インフォームド・コンセント」といいます。
一方的に治療法などを押し付ける医師は絶対に避けましょう。

子宮頸がんについて自分自身が正しい知識を十分に持っていることも大切です。
日ごろから情報などを集め、知識を豊富にしておきましょう。
そして何か疑問点があった場合は、遠慮なく医師に相談して必ず解決をしましょう。
そして、あくまでも患者の意思を尊重してくれ、相談に乗ってくれる医師を選ぶようにしましょう。

がんの克服方法

子宮頸がんの名医【子宮頸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ