子宮頸がんの症状【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな予防方法があります

子宮頸がんの患者のおよそ90%が感染しているといわれるヒトパピローマウイルスですが、最近では、ワクチン接種により、一部ヒトパピローマウイルス感染を予防できるようになりました。

予防ワクチンは、海外ではすでに100ヶ国以上の国々で、はやくから接種されています。
そういった意味では、日本は非常に遅れていましたが、今では、日本でも予防ワクチンは、一般の病院で接種することができます。
しっかりと予防ワクチンを接種していれば、ワクチンが長期間にわたり体を守ってくれます。

また、ヒトパピローマウィルスが性交渉で感染する事がわかっているため、性交時に避妊具を使用することである程度は予防できることもあるでしょう。
いずれにしても、早期の段階ではほとんど自覚症状があらわれないため、発見されにくい病気です。
早期発見のためには、ぜひ定期的な診断を受けることをおすすめします。

また、もし不正出血を発見したら、すぐに婦人科を受診することが重要です。
早期に治療すれば、治療もしやすく、治る確率もだんぜん高くなるからです。

子宮頸がんの場合、その原因のほとんどは、ウイルスによる感染による発症です。
そのため、しっかりとした予防をしていれば、かなりの確率で予防できるがんだといえます。

がんの克服方法

子宮頸がんの予防方法【子宮頸がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ