子宮頸がんの症状【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな症状があります

子宮頸がんは、子宮の頚部にできるがんで、女性特有のがんです。
子宮がんのうち、子宮頸がんの占める割合が8割ほどになります。
子宮頸がんは若い女性に多いのが大きな特徴です。

子宮頸がんは初期の症状はほとんどありません。
そのため、病気にかかったことを知らずにほおっておくことになり、気づいたときにはかなり進行が進んでいたというケースが非常に多くなります。

進行が進むと、月経不順や性交時の出血が見られるようになります。
子宮頸がんの症状の不正出血は、ほとんどの場合、性交時に見られます。
また、生理以外にも不正出血が見られます。

おりものの量がふえ、おりものに混じって血や粘膜のようなものがでることもあります。
出血量が多いと、めまいなどの貧血の症状があらわれることもあります。

がん組織が細菌にまで感染すると、腹痛や発熱などの症状があらわれます。
さらには、がんが子宮のまわりに広がり、血便、便秘などの排便障害、血尿などの排尿障害を引き起こしたりします。
さらに進行し転移すると、下腹部の激しい痛み、腰痛、下肢痛などを引き起こします。

全身にまで転移が広がると、貧血、体重減少、食欲減退などの症状があらわれてきます。
ここまでくると、かなり重度だと思われます。

がんの克服方法

子宮頸がんの症状【子宮頸がんの警告】記事一覧

子宮頸がんの原因【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんの発症の原因として考えられているのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染です。子宮頸がんの患者のおよそ90%から、このヒトパピローマウイルス(HPV)が検出されていると報告されています。ヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉により感染するウイルスです。そのため、子宮頸がんには若い女...

≫続きを読む

子宮頸がんの予防方法【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんの患者のおよそ90%が感染しているといわれるヒトパピローマウイルスですが、最近では、ワクチン接種により、一部ヒトパピローマウイルス感染を予防できるようになりました。予防ワクチンは、海外ではすでに100ヶ国以上の国々で、はやくから接種されています。そういった意味では、日本は非常に遅れていまし...

≫続きを読む

子宮頸がんの治療方法【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんの主な治療法には、手術による外科療法と、化学療法、放射線療法があります。どの治療方法を選択するかは、子宮頸がんの進行の具合や、患者の年齢などを考慮してから慎重に決定します。外科療法の場合、手術によって子宮を摘出することになります。子宮頸がんの進行の具合によっても大きく変わってきますが、早期...

≫続きを読む

子宮頸がんの名医【子宮頸がんの警告】

医学の進歩に伴い、子宮頸がんの治療の分野でもその治療方法は多様化してきています。そのため、医師により治療方法が異なることもしばしばあります。子宮頸がんを治療するにあたっては、担当の医師と治療法などについてじっくりと話し合い、決定することが重要です。子宮頸がんは、場合によっては子宮を切除することになり...

≫続きを読む

子宮頸がんの手術方法【子宮頸がんの警告】

円錐切除術は、子宮の頚部を円錐状に切除する方法です。手術後、切除した頚部の組織を顕微鏡で詳しく調べます。そして、それ以上にがんが広がっていなければ、手術はこれで終わりになります。さらに進行が見られる場合は、さらに広い範囲の切除手術が必要になります。円錐切除術の場合、術後に妊娠や出産が可能になります。...

≫続きを読む

子宮頸がんの克服方法【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにかからないようにするためには、体に何も異常を感じなくても、定期健診を受けることがとても大切です。また、再発を予防するためにも、定期的な検診は必ず受けましょう。また、もしも不正出血など、少しでも体に異変を感じたときには、迷わずにすぐに婦人科を受診するようにしましょう。そうすることで、少しで...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ