舌がんの名医【舌がんの警告】

舌がんにはこんな名医があります

舌がんは、がんの進行度によっても異なりますが、手術によってがんを摘出できたとしても、後遺症が残ってしまうケースがあります。
どうしても避けられない後遺症は、これからの人生でつきあっていかなければならないことですが、いい主治医とめぐりあえることにより、後遺症を少しでも軽くすることができるかもしれません。
その後の自分の一生を左右することですから医師選びは慎重に行うことが重要になってきます。

信頼のおける医師を見つけたら、治療方法についてじっくりと話し合いましょう。
患者にわかりやすい言葉で親切に教えてくれる医師でなければなりません。
もしも、納得のいかないような説明しかしてくれない場合は、セカンドオピニオンとして別の医師の意見も聞いてみることが大切です。

また、舌がんを治療する際には、患者の年齢、社会においてこれまでどういう役割をしていたかといったステータス、そして価値観なども重要になります。
手術によって大きな後遺症が残り、その後の人生が大きく変わってしまうことにもなりかねないのが舌がんの手術だからです。
そういった意味でも、患者ひとりひとりの立場を把握し、それぞれの患者に応じた治療をしてくれる医師を選ぶべきでしょう。

がんの克服方法

舌がんの名医【舌がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ