舌がんの原因【舌がんの警告】

舌がんにはこんな原因があります

舌がんにかかる原因は、いまのところ、はっきりとは解明されていません。
しかし、いくつかの生活習慣のパターンが舌がんの発症に大きく影響していることは確かです。

舌がんの原因として考えられる生活習慣として、まず喫煙と飲酒があります。
この2つが、舌がんを発症するもっとも危険な要因だと考えられています。
喫煙率の高い国ほど、舌がんにかかる割合が高いというデータも報告されています。

また、歯並びの悪さが舌がんにかかるリスクを高めるとされています。
歯並びが悪いことで、常に歯が舌にあたったり、舌を噛んでしまったりすることが長年にわたって継続する場合です。
また、入れ歯の場合も同様のことがいえます。

食事面でも舌がんを発症するリスクを高める要因があります。
香辛料などの辛いもの、酸性の強い食物、アルカリ性の食物、塩分、熱い飲み物や食べ物、などは要注意です。
このような生活習慣を長期間にわたって継続している場合は、舌がんにかかるリスクを高めているといえるようです。

そのほかの原因としては、口腔内の不衛生、口腔粘膜の病気の発症なども、リスクとしてあげられます。

舌がんの患者は、男性の割合が多く、女性の約2倍の割合です。
また、年齢別で見ると最も多いのは50歳代後半です。
しかし、20歳代から30歳代の若者層にも時々発症が見られることが舌がんの特徴のひとつです。

がんの克服方法

舌がんの原因【舌がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ