甲状腺がんの原因【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんにはこんな原因があります

甲状腺がんの原因は現在のところはっきりとは解明されていません。

全がん患者の中で、甲状腺がん割合はとても低く、約1%程度です。
また、甲状腺がんにかかる男女比は、女性の方が圧倒的に多く、男性の3倍から5倍の確率です。
年齢別で見ると、最も多いのは50代です。

発症の原因がはっきりとわからないとはいっても、原因になると考えられる要因はいくつかあります。
ひとつは、ヨードの過剰摂取です。
ヨードはミネラルの一種で、海鮮類などに多く含まれています。
ヨードは私たちの体になくてはならない栄養素で、甲状腺ホルモンを分泌するためにも必要なものです。
しかし、ヨードを過剰摂取してしまうと、がんの誘因となってしまうとされています。

私たち日本人は、普段の食事の中で、知らず知らずのうちにこのヨードを多く摂取している傾向があります。
たとえば、和食には欠かせない味噌汁ですが、味噌のダシは海鮮類などでとります。
海鮮類にはヨードが多く含まれているため、知らないうちに多く摂取していることになるのです。

また、甲状腺がんにかかる原因のひとつに遺伝によるものが考えられます。
家族や血縁関係にある親戚の中に、内分泌系のがんにかかったことがある人がいる人はそうでない人よりも、甲状腺がんにかかるリスクが高くなるといわれています。

放射線によるものも、原因のひとつに考えられています。
これは、病気の治療などのために、首や頭部に強い放射線を受けたことのある人などが当てはまります。
甲状腺がんは、放射線を受けてすぐにがんが発症するのではなく、幼少期などに行った治療が、10年から30年くらい経ってから発症するといわれています。

がんの克服方法

甲状腺がんの原因【甲状腺がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ