甲状腺がんの症状【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんにはこんな症状があります

甲状腺は、のど仏のすぐ下に位置する臓器です。

甲状腺がんには4つの種類である「乳頭がん」、「濾胞がん 」、「髄様がん」、「未分化がん」のうち、もっとも多いの乳頭がんで、甲状腺がんの約90%を占めます。

乳頭がんや濾胞がんは、比較的ゆっくりと進行するおとなしいがんです。

一方で、未分化がんは、非常に悪性度が高く、がんの進行度もきわめて速いといわれています。

甲状腺がんの初期症状として最も多いのは、甲状腺のしこりです。

しかし、ほとんど場合、自覚症状がありません。

そのため、なかなか自分で気づくことが難しくなります。

気づいたきっかけは、たまたま鏡を見ていたらしこりのようなものを発見したとか、周りの人から指摘されたからとか、他の病気で受診していたときにたまたま見つかったとかいうケースが多く見られるのが、甲状腺がんの特徴のひとつです。

さらに進行すると、声帯の神経を司る神経が障害を受けることにより声がかれる、または呼吸困難といった症状があらわれることがあります。

これらの症状があらわれると、悪性度の高いがんの種類の可能性が強くなります。

さらにがんが気管や食道にまで進行すると、血の混じった痰が出たり、嚥下障害が起こったりします。

さらには、のどのあたりにしこりのようなものを感じたりすることもあります。

また、悪性度の高い未分化がんの場合は、発熱、疲労感、体重減少など、全身症状を伴うこともあります。

≪PR≫
粗大ゴミ処分でお困りでしたら、高知 粗大ゴミ処分にお任せください!

がんの克服方法

甲状腺がんの症状【甲状腺がんの警告】記事一覧

甲状腺がんの原因【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんの原因は現在のところはっきりとは解明されていません。全がん患者の中で、甲状腺がん割合はとても低く、約1%程度です。また、甲状腺がんにかかる男女比は、女性の方が圧倒的に多く、男性の3倍から5倍の確率です。年齢別で見ると、最も多いのは50代です。発症の原因がはっきりとわからないとはいっても、原...

≫続きを読む

甲状腺がんの予防方法【甲状腺がんの警告】

甲状腺にできる腫瘍のうち、約80%は良性の腫瘍です。残りの20%が悪性の腫瘍、つまり甲状腺がんとなるわけですが、甲状腺がんの特徴としては、年齢に関係なく、若い人でも発症するというところです。甲状腺がんの患者は女性が多いのが特徴です。中には20歳台の若い女性も発症することがあるので、検診は必ず受けるよ...

≫続きを読む

甲状腺がんの治療方法【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんの治療の主なものは、手術です。手術のほかの治療法としては、内照射療法とホルモン療法とがあります。内照射療法は、通常、手術と組み合わせて行われます。手術で甲状腺がんを切除した後、あらかじめカプセルに封入した放射線ヨードを、甲状腺の中に注入します。そうすることで、もしも手術によりがんがすべて取...

≫続きを読む

甲状腺がんの名医【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんの大きな特徴として、腫瘍にはいくつかの種類があり、その種類によって、治療法が大きく異なってくるということがあげられます。甲状腺がんの種類は、進行度が遅く、おとなしいがんである乳頭がんがほとんどを占めますが、中にはまれですが、きわめて進行度の速い、悪性のがんもあるからです。この悪性のがんであ...

≫続きを読む

甲状腺がんの手術方法【甲状腺がんの警告】

甲状腺がんの手術は、がんの進行度や大きさによっていくつかの種類に分けられます。甲状腺の片側だけの切除する手術は、葉切切除といいます。腺葉切除の手術のみで可能な場合は、術後も甲状腺ホルモンの補充が必要ない場合がほとんどです。がん細胞がさらに大きく広がっている場合は、甲状腺の大部分を切除します。これを、...

≫続きを読む

甲状腺がんの克服方法【甲状腺がんの警告】

手術により甲状腺をすべて摘出した場合は、甲状腺ホルモンの不足による甲状腺機能の低下がおこります。甲状腺機能が低下すると、代謝が悪くなり、疲れやすくなるなどの症状があらわれてきます。このため、術後は、甲状腺ホルモンの内服は欠かせません。甲状腺ホルモン剤は、1日1回、一生涯服用しなければなりません。医師...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ