精巣がんの克服方法【精巣がんの警告】

精巣がんにはこんな克服方法があります

精巣がんの予後は、治療を受けたときのがんの進行具合によっても異なってきますが、そのほかのがんに比べて比較的予後の経過は良好なのが特徴です。
他の部位に転移が見られない場合、5年後の生存率はほぼ100%になります。
転移が見られる場合でも、その進行度にもよりますが、生存率は約80%だといわれます。
精巣がんは、早期に発見し早期に治療を行えば、完全に根治することができる確率が高いがんだといえます。

精巣がんの場合、手術や化学療法により、生殖機能が損なわれることがあります。
精巣がんを発症する年齢は比較的若い男性に多いことから、これから結婚などを考えていた患者にとっては大きな痛手となります。

また、化学療法を行うことで、一時的にでも精子を作る機能に障害があらわれることがあるといいます。
そういった障害は化学療法をやめると、2年から3年後には回復するといわれています。
しかし、回復しない可能性もあるそうなので、治療を行う際には注意が必要です。

一生を後悔しないためにも、治療の前には必ず医師に相談しておくべきでしょう。
そして、万が一、生殖機能を失ってしまうことを考えて、治療の前にあらかじめ精子を採取して冷凍保存しておくという選択肢もあります。

治療が終わった後も、再発の可能性がなくなったわけではありません。
精巣がんを治癒した後も、再発しないように定期的に検査を受けるようにしましょう。
そうして常に予防を行っていくことが、精巣がんを克服することにつながります。

がんの克服方法

精巣がんの克服方法【精巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ