精巣がんの名医【精巣がんの警告】

精巣がんにはこんな名医があります

現在、精巣がんの治療方法は確立されているため、進行がんの場合でも、抗がん剤治療の段階までなら十分経験のある泌尿器科の専門医なら十分に行うことができます。

しかし、進行がんの場合、抗がん剤による治療を重ねることで腫瘍マーカーが陰性化すれば、ここで残存腫瘍の摘出手術を行うことになります。
この手術は、残存している腫瘍は壊死したがん細胞の可能性があり、診断の意味も兼ねて行われます。
この残存腫瘍の摘出手術のことを救済外科療法といいます。

救済外科療法まで行う必要がある場合、この手術はかなり難しい手術になることが予想されます。
そのため、手術は大病院クラスで、十分に経験と技術を要する専門医に担当してもらう必要があります。
後腹膜リンパ節の切除だけなら一般の泌尿器科の医師だけでもできますが、この手術の場合、それ以外にも胸の縦隔腫瘍摘出、腸の切除、肝臓の切除、また、心臓や大動静脈の処置といったことまでもしなければならないため、泌尿器科の専門医だけではなく、他科の専門医の協力が不可欠となってくるのです。

また、精巣がんの治療において最も心配となるのが、性機能です。
手術により一方の精巣を摘出しても反対側の精巣が男性ホルモンを産出できるため、性機能に問題はありません。
しかし、化学療法を行った後で、後腹膜リンパ節郭清の手術を行うと、射精機能を損傷し、射精障害を起こす可能性があるといいます。
このようなことを避けるため、最近では、射精機能に関連した神経を温存する手術の開発により、できる限り機能温存術がとることも可能となりました。

また、抗がん剤投与による化学療法でも副作用が出ることが考えられます。
最悪の場合を予想して、希望すればあらかじめ精子を冷凍保存しておくこともできます。
手術により精巣を摘出する場合、そして化学療法を行う前には、治療後の精巣機能障害については後で後悔をしないためにも、主治医と十分に相談し、理解してから行うようにしましょう。

がんの克服方法

精巣がんの名医【精巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ