精巣がんの治療方法【精巣がんの警告】

精巣がんにはこんな治療方法があります

精巣がんの治療には、手術、放射線療法、化学療法、免疫療法などがあります。
精巣がんの治療法はほぼ確立しており、徹底的治療を行えば治癒する確率も非常に高いがんです。

精巣がんの治療は、基本的には手術により、がんができている精巣を摘出する治療を行います。
他の部分にがんの転移が見られない場合は、この精巣の摘出手術だけで治療は完了します。
あとは、定期的に検査を行っていきますが、このまま転移がみつからなければほぼ100%治癒したことになります。

しかし、手術によりがんを摘出し、転移が見られない場合でも、目に見えない程度の小さな転移がすでに起こっているケースもあります。
そういう事態を回避するためにも、手術後も引き続き、放射線治療や抗がん剤治療などを組み合わせて行っていくこともあります。

精巣がんの場合、抗がん剤による化学療法は、比較的効果があるといいます。
がんがかなり進行した進行がんも場合にも、この化学療法はとてもよく効くといわれます。
このように、精巣がんの治療においては、手術のほかに放射線治療や化学療法などを組み合わせて行っていく集学的治療法がとても効果を発揮するといいます。

他のがんの治療方法と同様、精巣がんの治療においても、手術を行う前に抗がん剤投与や放射線治療を行い、がんを少しでも小さくしておいてから手術を行うという方法もとられます。
この方法により、がんの治癒率が高くなると考えられます。

また、肺など他の部分に転移している場合でも、手術や抗がん剤の治療により治癒する確率が高いのが、精巣がんの特徴でもあります。

がんの克服方法

精巣がんの治療方法【精巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ