胃がんの手術方法【胃がんの警告】

胃がんにはこんな手術方法があります

胃がんの手術には、内視鏡的治療と、外科手術とがあります。

内視鏡的治療は、リンパ節への転移の可能性がほとんどない場合の早期発見の胃がん手術に用いられる方法で、手術をせずに内視鏡を使って切除します。

内視鏡的手術はできないけれども、胃を全部摘出する必要のない場合は胃の局所切除を行います。
主な手術の方法には幽門側胃切除術や噴門部胃切除術といわれる手術があります。

もっとも多く使用される手術方法は、幽門側胃切除術です。
これは、胃の3分の2から5分の4程度を摘出する方法です。
胃の中くらいから下部にかけてできたがん細胞に対して行います。

また、噴門部胃切除術は、胃の上部3分の1くらいの場合の比較的早期発見の胃がんの場合に行われ、胃の上部3分の1ほどを摘出します。
そして再建術として、残った胃の部分と食道をつなぎます。
リンパ節にまで転移している可能性が低い場合に使われる方法です。

胃の広い範囲にわたってがん細胞が浸透している場合や、がんが胃の上部にまで出てしまっている場合には、胃を全部摘出する胃全摘術を行います。
脾臓や膵臓の一部も一緒に摘出する拡大手術になることが多く、非常に大手術となります。

その他の手術としては、部分切除の方法で、口から胃カメラとして内視鏡を入れて行う治療と、おなかに直接小さな孔をあけて、そこから器具を入れて手術を行う方法とがあります。
これはリンパ節への転移の可能性が低い場合、あるいは早期発見の場合で、内視鏡的治療が困難な場合の方法です。

がんの克服方法

胃がんの手術方法【胃がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ