胃がんの予防方法【胃がんの警告】

胃がんにはこんな予防方法があります

胃がんを予防するには、まず生活習慣を整え、規則正しい生活を送ることが大切です。

食生活の面では、胃の粘膜を傷つけないためにも塩分の摂り過ぎに注意します。

そして、野菜や果物などを多く摂取するように心がけます。
緑黄色野菜や果物に含まれる「ビタミンC」には発がん性物質を体内で抑制する働きがあります。
また、カボチャやニンジンなどに含まれる「ビタミンA」や「βカロチン」、胚芽米などに含まれる「ビタミンE」にも、発がん物質を抑制する働きがあります。

添加物はできるだけ摂らないようにし、魚や肉などのおこげは食べないように注意しましょう。

また、胃がんの原因となるヘリコバクターピロリ菌を除菌するのも予防のひとつです。
ピロリ菌は、便の検査などで陽性かどうかを検査することができます。
もしも陽性の場合は、1週間ほど服薬をすることにより80%程度は除菌できるといわれます。
ある程度の費用がかかり、胃がんの発生リスクが100%なくなるとは言えませんが、胃がんの予防方法としては有効です。

タバコは吸わないようにしましょう。

また、アルコールの摂り過ぎにも注意しましょう。
アルコールの摂取量が多すぎると、胃の粘膜を傷つけることになり、それが胃がんの発症へとつながるからです。

普段から栄養のバランスには気をつけ、適度な運動をして、規則正しい生活をするように心がけましょう。

がんの克服方法

胃がんの予防方法【胃がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ