胃がんの原因【胃がんの警告】

胃がんにはこんな原因があります

胃がんにかかりやすい原因としてまず、塩分の摂りすぎがあげられます。
他の国に比べて、塩分の摂取量が比較的多い日本人は胃がんの発症率が高いといえます。
塩分の多い食事を摂り続けると、胃の粘膜に炎症が起こりやすくなり、細胞の遺伝子も傷つきやすくなります。
そして、遺伝子が傷つくことによりがんが発生するといわれています。

食生活の面では、その他の原因として、野菜や果物などのビタミンCやカロチンの摂取不足、魚や肉などの「おこげ」の摂取、飲料物などに含まれる「亜硝酸」、添加物の摂り過ぎなどがあげられます。

また、遺伝的な要素も胃がんの発症原因のひとつです。
血縁関係にある家族や親戚の中に胃がんにかかった人が多い場合は、胃がんにかかるリスクも高いと考えられます。

さらに最近では、「ヘリコバクター・ピロリ菌」という菌が胃がんを発症する原因のひとつに考えられています。
ヘリコバクター・ピロリ菌は、50歳以上の日本人のおよそ80%が保有していると思われています。
この細菌が原因で胃潰瘍や胃炎となり、胃の粘膜が傷つき、これが原因で胃がんを発症すると考えられます。

また、タバコには発がん性物質が含まれているため、喫煙も胃がんの原因となります。

がんの克服方法

胃がんの原因【胃がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ