胃がんの症状【胃がんの警告】

胃がんにはこんな症状があります

胃がんの症状は非常にわかりにくく、早期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。

胃がんの主な初期症状としては、胃の不快感、違和感、膨張感などがあります。
これらの症状は単なる食べ過ぎや飲みすぎなどが原因でおこる症状とよく似ているため、軽く見られがちです。

さらに症状が進むと、食欲不振、胃のもたれ、胃のチクチク感、みぞおちが痛む、胸焼け、ゲップが多く出る、などの症状があらわれます。
これらの症状は胃がんに限定された症状ではなく、胃潰瘍や胃炎の症状ともとてもよく似ています。
また、職場の人間関係など、日常生活のストレスが原因でこれらの症状があらわれることもあります。

さらに胃がんが進行すると、上記の症状に加え、出血を伴う症状や貧血があらわれ始めます。
吐き気、嘔吐、黒い便、軟便、体重減少、貧血、吐血、疲労感などの症状です。
これら出血を伴う症状は、腫瘍からの出血が原因で起こります。
そのままにしておくと症状はさらに進んでしまいます。

さらに進行すると、局所の症状と他の臓器への転移による症状とがあらわれはじめます。
局所の症状としては、胃がんができた部位にも寄りますが、食べたものが通過せずに嘔吐してしまう閉塞症状やひどい貧血などがあります。
また、腫瘍が拡大し、手で触るとしこりを感じたりします。

肝臓や肺、脳、骨などの他の臓器へ転移では肝臓への転移が最も多く、肝臓に転移すると皮膚や白目の部分が黄色くなる黄疸が見られるようになります。
しかし、これらの症状はすでに末期症状で、すでに手遅れの場合もあり、手術をしても生存率は低くなります。

がんの克服方法

胃がんの症状【胃がんの警告】記事一覧

胃がんの原因【胃がんの警告】

胃がんにかかりやすい原因としてまず、塩分の摂りすぎがあげられます。他の国に比べて、塩分の摂取量が比較的多い日本人は胃がんの発症率が高いといえます。塩分の多い食事を摂り続けると、胃の粘膜に炎症が起こりやすくなり、細胞の遺伝子も傷つきやすくなります。そして、遺伝子が傷つくことによりがんが発生するといわれ...

≫続きを読む

胃がんの予防方法【胃がんの警告】

胃がんを予防するには、まず生活習慣を整え、規則正しい生活を送ることが大切です。食生活の面では、胃の粘膜を傷つけないためにも塩分の摂り過ぎに注意します。そして、野菜や果物などを多く摂取するように心がけます。緑黄色野菜や果物に含まれる「ビタミンC」には発がん性物質を体内で抑制する働きがあります。また、カ...

≫続きを読む

胃がんの治療方法【胃がんの警告】

胃がんの治療は手術による切除が最も有効です。その他の治療法では、放射線治療、抗がん剤治療がありますが、胃がんの場合はこれらの治療はあまり有効ではないため、手術での治療の補助手段として使われたりします。抗がん剤治療は、転移が広がり手術で切除しきれない場合や、手術後に再発した場合にも投与されることがあり...

≫続きを読む

胃がんの名医【胃がんの警告】

胃がんの名医の条件としては、まず手術経験が豊富なことがあげられます。知識が豊富なだけではなく、現場で実際に胃がんの切除手術を多く経験している医師を選びます。高度な技術を必要とする内視鏡手術においても同じです。現場での経験を多く積み、多くの症例を実際に見てきたことにより、腕も確立し、いざというときの判...

≫続きを読む

胃がんの手術方法【胃がんの警告】

胃がんの手術には、内視鏡的治療と、外科手術とがあります。内視鏡的治療は、リンパ節への転移の可能性がほとんどない場合の早期発見の胃がん手術に用いられる方法で、手術をせずに内視鏡を使って切除します。内視鏡的手術はできないけれども、胃を全部摘出する必要のない場合は胃の局所切除を行います。主な手術の方法には...

≫続きを読む

胃がんの克服方法【胃がんの警告】

手術やその他の治療によって胃がんの治療に成功したからといって、完全に安心はできません。せっかく治療が成功しても、再発してしまってはなんにもなりません。胃がんの再発を防ぎ、完全に克服するためにも徹底した食習慣や生活習慣の改善を行いましょう。食事療法は、最大の克服方法です。緑黄色野菜や果物など、がん細胞...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ