小腸がんの克服方法【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな克服方法があります

小腸がんの手術を行い、がん細胞を取り除くことができたとしても、それで治療が終了する場合は少なく、その後も化学療法などで治療を続けていくことになります。

抗がん剤投与による化学療法は、通院により行われます。
抗がん剤投与は、副作用も考えられるため、続けていくことは大変なことでしょう。
しかし、小腸がんを必ず克服するという強い気持ちで乗り越えましょう。

手術後は、病院で定期的に検査を受け、がんの再発がないかチェックしましょう。
小腸がんの場合、検査でがんを発見することはとても難しいため、精密な検査を受けることが大切です。

また、病院での治療にだけ頼っているのはいけません。
毎日の生活の中でも取り組めることには取り組んでいきましょう。

これまで食生活が乱れていた人は、食生活の改善から行います。
高脂肪、高たんぱく、塩分の摂りすぎ、砂糖の過剰摂取などには要注意です。
このような食生活を続けていたら、また小腸がん再発してしまうリスクが大きくなるばかり、そのほかの病気の原因ともなりかねません。

また、がんの再発はしなくても、がんの発症リスクを高めるクローン病などの病気にかかってしまうこともあります。
クローン病は一度かかってしまうとなかなか治りにくい病気です。
このような病気にかからないようにするためにも、栄養のバランスのとれた食生活を送り、規則正しい生活を続けながら、がんを克服してきましょう。

がんの克服方法

小腸がんの克服方法【小腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ