小腸がんの手術方法【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな手術方法があります

外科手術は、最も一般的な小腸がんの治療法です。
手術の方法は、がんの進行度によっても異なってきます。

手術は、がんの進行度に応じて、小腸の一部切除、あるいは全切除を行います。
また、がんが小腸以外の周辺の臓器にも転移している場合は、小腸のほかにも周辺の臓器も切除します。

小腸のがん細胞の部分を切除した後は、切り離した小腸をつなぐ吻合がおこなわれます。
通常は、小腸と一緒に周囲のリンパ節も切除します。
これは、リンパ節にまでがん細胞が転移していないかを、手術後に検査するためです。

がん細胞が小腸をふさいでしまい、手術で取り除くことができない場合は、バイパス手術を行い、食物が小腸を通過できるようにします。
緩和的切除術が行われる場合もあります。

手術ですべてのがん細胞を切除することができたとしても、目に見えないくらいのがん細胞がまだ小腸に残っている可能性もあります。
そのため、手術後には、放射線治療を行うこともあります。
また、再発の予防の目的で行うこともあります。

このように、手術と放射線治療などのようなその他の治療法とを組み合わせて行うことを補助療法といいます。
補助療法を行うことにより、再発の可能性を低くすることができます。

がんの克服方法

小腸がんの手術方法【小腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ