小腸がんの名医【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな名医があります

小腸がんはがんの中でも非常に症例の少ないがんです。
日本でもとても珍しく、小腸がんの患者は、1万人に1人いるかいないかといった確率です。
アメリカにいたってはさらに珍しく、10万人に2人の確率だといわれています。
そのため、小腸がん専門の名医を探すのはとても難しいでしょう。
小腸がんの治療方法は、現在のところはまだはっきりとは確立されていないのが現状です。

小腸がんは大腸がんの手術と共通するところが多くなります。
大腸がんは日本人にもとても症例の多いがんのため、大腸がんが専門の名医は多くいます。
また、小腸がんの手術は、大腸がんの手術ほど難易度は高くないともいわれています。
そういったことからも、大腸がんの名医を探すのもひとつの方法でしょう。

主治医が見つかったら、医師と相談しながら、すぐに検査、治療へと進めていきましょう。
小腸がんは早めに治療を行えば、比較的治りやすいとされているがんです。
完治させるためにも、医師やそのチームとうまく連携をして、治療していきましょう。

小腸がんは症例が非常に少ないがんで、しかも検査により発見することが難しいため、発見されたときにはかなり進行しているケースが多く見られます。
そのため、手術だけでは完治することは難しく、あるいは再発の危険もあるため、手術後の抗がん剤投与による治療が多くなってきます。
通常は、手術を受けた病院と同じ病院で引き続き治療を行っていくことになります。
そのためにも、主治医や病院選びは慎重に行わなければなりません。

また、治療方法にどうしても納得がいかない場合は、ぜひセカンドオピニオンを聞きましょう。
そして、納得のいく説明をしてくれ、信頼のおける医師を選びましょう。

がんの克服方法

小腸がんの名医【小腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ