小腸がんの治療方法【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな治療方法があります

小腸がんの治療方法としては、外科手術、放射線療法、化学療法があります。
治療は、がんの進行度や患者の状態に応じて行われます。

小腸がんの治療では、外科手術が最も一般的です。
ポリープ状の早期がんの場合は、内視鏡的切除が可能です。
外科手術は、がんの進行度に応じて、小腸の一部切除、あるいは全切除を行います。

放射線療法や化学療法は、外科手術ができないくらいに進行している場合に行われます。
放射線療法は、がん細胞に放射線を照射して、がん細胞を死滅させようとする方法です。
放射線療法には2種類あります。
ひとつは、体の外から放射線を照射する、外照射療法です。
体外に設置された装置を通して、小腸のがん細胞の部分に放射線を照射していきます。
もうひとつは、小腸の中から直接放射線を照射する内照射療法です。
これは、針やカテーテルの中に放射性物質を注入し、それを直接小腸の中や周りに入れて治療します。

化学療法は、抗がん剤などを投与することによってがん細胞を死滅させようとする方法です。
経口投与、あるいは静脈内への注射によって、血液を通して全身のがん細胞を死滅させようとする全身化学療法と、脊柱や臓器内に直接薬剤を投与し、その周辺にあるがん細胞を集中的に死滅させようとする局所化学療法とがあります。
どちらの方法をとるかは、がんの種類や進行度によっても異なってきます。

また、免疫療法という方法もあります。
これは、患者の体内の免疫力を高めることによって、がん細胞に対する抵抗力を高め、がんを治していこうとする方法です。

小腸がんの治療を行うときは、手術に加えて、これらの治療方法を組み合わせて行うことも多くなります。

がんの克服方法

小腸がんの治療方法【小腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ