小腸がんの予防方法【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな予防方法があります

小腸がんの特徴としては、年齢に関係なく若い人たちも発症するがんであるということがあげられます。
そのため、若い人たちも定期的に検査に行くことをおすすめします。

また、小腸がんの特徴として、がんの発症が他の病歴と深く関連しているということがあげられます。
たとえば、クローン病があります。
クローン病は、小腸を含む腸の慢性の炎症性腸疾患です。
10代から30代の若い人たちに多く発症する病気です。
クローン病を発症するはっきりとした原因はわかっていませんが、現代の若者に多く見られる食生活の欧米化が要因のひとつに考えられています。
肉類など高脂肪のもの、高たんぱくのもの、乳製品、高塩分、砂糖の過剰摂取、冷たい飲み物の摂取などがあげられます。
小腸がんにかからないように予防するためには、まず、小腸がん発症のリスクを高めてしまう病気にかからないようにすることが大切になります。

そのためには、まず、食事を中心とした生活習慣の見直しが重要です。
野菜やビタミンなども多く摂取し、バランスのとれた食生活を送ることは基本です。
また、現代の若者にも多いことですが、ストレスを溜め込まないことが大切です。

これらのことに注意しながら、定期的に検査を受けるようにするとよいでしょう。

がんの克服方法

小腸がんの予防方法【小腸がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ