唾液腺がんの克服方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな克服方法があります

唾液腺がんの予後はその組織型によっても大きく異なってきます。
唾液腺がんは非常に進行が速いものから、比較的ゆっくり進行するものまであり、また、がんの大きさによっても治療後の生存率は大きく異なります。
比較的悪性度の低いものでは5年後生存率は約80%、悪性度の高いものでは約5~10%程度となります。
もちろん、これらはあくまでもデータであり、患者によっても生存率は異なってきます。

唾液腺がんの種類によっては、治療後5年以上経ってから再発することもあります。
そのため、治療によりがんを治癒できたとしてもそれですべて安心してしまうことは危険だといえます。
治療後は、10年以上の長期間にわたって、再発を防止するためにも、定期的に検査を受け続ける必要があります。

唾液腺がんの治療により、顔面神経麻痺などが残ったりといった後遺症が残る場合があります。
顔面神経麻痺の後遺症は、女性にとっては非常に深刻な問題であると思われます。
顔面神経麻痺は美容形成手術などによって治すことは可能です。
しかし、焦ってすぐに美容形成手術を行なわずに、できれば治療後しばらく経過を見守ってから行った方がよいでしょう。

唾液腺がんは、治癒後も長い目で経過を観察していくことが大切です。
何年も経過を見守り続けることで、最終的には唾液腺がんを克服することができるでしょう。

がんの克服方法

唾液腺がんの克服方法【唾液腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ