唾液腺がんの名医【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな名医があります

唾液腺がんの治療は、手術により腫瘍を摘出する治療が基本になります。
しかし、耳下腺がんの場合、手術によりがんの摘出を同時に顔面神経まで一緒に切除しなければならないこともあります。
運良く顔面神経を保存できた場合は幸いですが、腫瘍が大きくなったため、顔面神経を犠牲にせざるを得ない場合、それは女性にとっては極めて深刻な問題となります。

手術により顔面神経を切除した場合は、神経縫合や神経移植といった再建術を行います。
しかし、再建術を行ったとしても、それを完全に元通りに治すことは不可能です。

耳下腺がんの治療を行うにあたっては、まず手術をするかどうかという選択もしなければなりません。
もちろん、手術をすることが治癒のためには最適です。
しかし、顔面麻痺により顔が変形してしまうことは絶対に避けたいという人は、顔面神経をできる限り温存する手術に力を入れている病院や専門医を探すのもひとつの方法かもしれません。

顔面神経を可能な限り温存しようとする治療を優先したあまり、治療後にがんを再発させることになってしまったということにもなりかねません。
どうしても顔面神経を切除するしかない場合には、術後に美容形成手術を受けるという選択肢もあります。
手術を行った場合の後遺症についてはくれぐれも専門医の説明をよく聞き、しっかりと理解してから治療に望むことが必要です。
そして、最終的に治療方法を選択するのは患者本人でなくてはなりません。

がんの克服方法

唾液腺がんの名医【唾液腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ