唾液腺がんの治療方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな治療方法があります

唾液腺がんの治療には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。
唾液腺がんの場合、治療の基本は手術による治療です。
手術の方法はいくつかあり、がんの種類や進行度などによってどの手術方法を選択するか異なってきます。

唾液腺がんの場合、放射線治療や抗がん剤治療はそれほど効果を発揮しないといわれています。
そのため、放射線療法や化学療法は、あくまでも手術の補助療法として行われるのが通常です。
しかし、がんの種類によっては、放射線治療が有効な場合もあるため、そのがんの状況に応じて治療を選択していきます。

手術によりがんを摘出した場合は、補助療法として手術後、放射線療法や化学療法を行っていき、がんの再発を予防します。
唾液腺がんの治療の場合、基本は手術ですが、がんが進行し手術を行うことが不可能な場合にも、放射線療法や化学療法が行われます。
また、患者が高齢で体力的に手術が難しい場合にも、手術以外の治療方法がとられる場合があります。

耳下腺がんでは、手術によりがんの摘出を行うときに、顔面神経まで一緒に切除しなければならない状況も少なくありません。
顔面神経を切除した場合は、神経移植による再建術が行われます。

手術によりがんを摘出した後にがんが再発し、放射線療法や化学療法を行っても効果が見られず、他にはもう治療法がないと宣告された患者に対しては免疫療法が行われることもあります。

がんの克服方法

唾液腺がんの治療方法【唾液腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ