唾液腺がんの予防方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな予防方法があります

頭頸部がんの中で唾液腺がんの占める割合はとても少なく、約3%~5%くらいだといわれています。
唾液腺がんは決して頻度の高いがんではありません。
しかし、予防をすることで発症リスクを減らすことができるため、普段から予防を心がけることが大切です。

喫煙は、唾液腺がんを発症する危険因子として考えられています。
ヘビースモーカーの人や長年喫煙の習慣がある人は要注意です。
タバコの量を減らすこと、できれば禁煙をすることをおすすめします。

また、アルコールの過剰摂取も唾液腺がんの発症率を高くしてしまうことがわかっています。
普段からアルコールをたくさん摂取する人は、飲酒量を控えるようにしなければなりません。
喫煙と飲酒の両方の習慣がある人は、特に注意が必要です。
生活習慣を改める努力を行なわなければなりません。
喫煙と飲酒の両方を習慣とし、かつ家族や親戚の中に唾液腺がんを発症した人がいる人は、そうではない人に比べて発症リスクが非常に高くなると考えられます。
遺伝的要因については予防することはできませんが、禁煙、禁酒を行なうことは努力しだいで可能です。
生活習慣を改善し、口の中はいつも清潔にするように心がけましょう。
規則正しく健康的な生活を送るようにすることは発症リスクを低くし、唾液腺がんばかりではなく、その他のがんの予防にもなります。

また、定期的に検査を受けることをおすすめします。
少しでも異常を感じた場合も、すぐに専門医の診断を受けることで早期発見、早期治療を行うことができます。

がんの克服方法

唾液腺がんの予防方法【唾液腺がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ