唾液腺がんの原因【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな原因があります

唾液腺がんの発症には生活習慣を含めた要因が考えられます。
唾液腺がんを発症する原因として、唾液腺がんの発症とタバコとの因果関係があげられます。
喫煙による唾液腺がんの発症リスクは、タバコを吸わない人に比べて、男性の場合は約9倍、女性の場合は約4倍もリスクが高くなるという研究結果があります。
実際に、唾液腺がんを発症した患者のうち約72%が、喫煙の習慣があるといわれます。
唾液腺がんを発症するのは以前では圧倒的に男性が多かったのですが、最近の傾向として女性の喫煙者が増えたことにより、女性の患者も増加してきました。

放射線被曝が唾液腺がんの発症リスクを高くすることもわかっています。
過去に他の病気で放射線治療を行ったことのある人は唾液腺がんを発症するリスクが高くなると考えられます。
また、ウイルスに感染することも、発症率を高くするといわれています。

またアルコールを過剰摂取する習慣がある人も唾液腺がんをはじめ口腔がんを発症するリスクが高くなります。
タバコとアルコールの両方を過剰摂取する傾向にある人は特に要注意です。

遺伝的要因も発症の危険因子と考えられます。
家族や血縁関係にある親戚の中に、唾液腺がんや口腔がんにかかったことがある人がいれば、そうではない人にくらべて約2倍も発症するリスクが高くなります。

がんの克服方法

唾液腺がんの原因【唾液腺がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ