唾液腺がんの症状【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんにはこんな症状があります

唾液腺はその名のとおり唾液を作るところで、大唾液腺と小唾液腺とにわけられます。
大唾液腺にはさらに、耳下腺、顎下腺、舌下腺とがあります。
唾液腺がんとはこれらの唾液を作る組織にできるがんで、耳下腺がん、顎下腺がん、舌下腺がんに分類することができます。
唾液腺がんのうち、最も多いがんは耳下腺がんで、唾液腺がん全体の約60%~70%を占めます。
次に多いのが顎下腺がんで、全体の約20%~30%になります。
唾液腺がんの症状は、耳下腺がん、顎下腺癌、舌下腺がんでそれぞれ異なります。

耳下腺がんの症状としては、耳下部または耳前部の腫れがみられます。
通常は痛みを感じませんが、ときには痛みを感じることもあります。
また、がんが神経にまで及ぶことで、顔面神経麻痺がおこることがあります。

顎下腺がんの場合は、顎下に腫瘍があるため顎下の腫れがみられます。
耳下腺がんの場合と同様に痛みを感じないこともあれば、痛みを伴う場合もあります。

舌下腺がんの場合は、舌の下の腫れ、顎の骨の腫れがみられます。
硬くて痛みを伴う場合は、舌下腺がんを疑う必要があります。

耳下腺がん、顎下腺癌、舌下腺がんのすべてに共通した症状としては、頚部リンパ節にしこりを感じるというのがあげられます。

がんの克服方法

唾液腺がんの症状【唾液腺がんの警告】記事一覧

唾液腺がんの原因【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんの発症には生活習慣を含めた要因が考えられます。唾液腺がんを発症する原因として、唾液腺がんの発症とタバコとの因果関係があげられます。喫煙による唾液腺がんの発症リスクは、タバコを吸わない人に比べて、男性の場合は約9倍、女性の場合は約4倍もリスクが高くなるという研究結果があります。実際に、唾液腺...

≫続きを読む

唾液腺がんの予防方法【唾液腺がんの警告】

頭頸部がんの中で唾液腺がんの占める割合はとても少なく、約3%~5%くらいだといわれています。唾液腺がんは決して頻度の高いがんではありません。しかし、予防をすることで発症リスクを減らすことができるため、普段から予防を心がけることが大切です。喫煙は、唾液腺がんを発症する危険因子として考えられています。ヘ...

≫続きを読む

唾液腺がんの治療方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんの治療には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。唾液腺がんの場合、治療の基本は手術による治療です。手術の方法はいくつかあり、がんの種類や進行度などによってどの手術方法を選択するか異なってきます。唾液腺がんの場合、放射線治療や抗がん剤治療はそれほど効果を発揮しないといわれています。その...

≫続きを読む

唾液腺がんの名医【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんの治療は、手術により腫瘍を摘出する治療が基本になります。しかし、耳下腺がんの場合、手術によりがんの摘出を同時に顔面神経まで一緒に切除しなければならないこともあります。運良く顔面神経を保存できた場合は幸いですが、腫瘍が大きくなったため、顔面神経を犠牲にせざるを得ない場合、それは女性にとっては...

≫続きを読む

唾液腺がんの手術方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんの場合、手術による治療が一番効果的で確実な方法です。手術の方法はがんの種類によっても異なってきます。唾液腺がんの手術では、がんの部位を含めてできるだけ広範囲に切除する方法がとられます。耳下腺がんの場合、耳下腺浅葉切除術、耳下腺全摘術、拡大耳下腺全摘術の3つの方法があります。耳下腺浅葉切除術...

≫続きを読む

唾液腺がんの克服方法【唾液腺がんの警告】

唾液腺がんの予後はその組織型によっても大きく異なってきます。唾液腺がんは非常に進行が速いものから、比較的ゆっくり進行するものまであり、また、がんの大きさによっても治療後の生存率は大きく異なります。比較的悪性度の低いものでは5年後生存率は約80%、悪性度の高いものでは約5~10%程度となります。もちろ...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ