網膜芽細胞腫の克服方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫にはこんな克服方法があります

網膜芽細胞腫の予後の生存率は、比較的良好だといえます。
がんの進行具合によっても異なってきますが、5年後生存率は約93%といわれています。
腫瘍が眼球の外にまで広がっていた場合の5年後生存率は約71%になります。

網膜芽細胞腫は早期発見がとても重要です。
患者のほとんどは乳幼児のため、自分で症状を訴えることが難しくなります。
そのため、親がすぐに異常に気づくことが必要になります。
早期発見、早期治療を行うことでそれだけ治癒率は高くなります。

また、網膜芽細胞腫の治療により眼球を保存したまま治療を行う確率は約50%になります。
最近では、眼球摘出を行なうよりも、できるだけ眼球を残して治療を行っていく温存療法が多く行なわれるようになってきました。

網膜芽細胞腫を発症し、病気を治癒させることができたとしても、その数年後、数十年後に他の種類のがんを発症する、つまり二次がんを発症するリスクがあることがわかっています。
せっかく克服できたのに、さらに別の病気になって命を落としてしまうことは絶対に避けたいものです。
そのためにも、普段から定期的に検査を受けるようにして、少しでも体に異常がある場合はすぐに治療を行うことが重要です。
普段から予防を行なっていくことで、きっと網膜芽細胞腫は克服できるでしょう。

がんの克服方法

網膜芽細胞腫の克服方法【網膜芽細胞腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ