網膜芽細胞腫の名医【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫にはこんな名医があります

網膜芽細胞腫は非常に珍しい病気で、日本においては1500人に1人の割合で発症します。
年間の発症患者数は約80人です。
患者のうち約95%が5歳以下の子供になります。

目に異常があらわれ、最初に訪れるのは近くの眼科の場合がほとんどでしょう。
そこで検査を行なってもらうことになりますが、網膜芽細胞腫は眼科の病気の中でも特殊な病気です。
少しでもその疑いのある場合には、すぐに網膜芽細胞腫の治療を専門に扱っている眼科医のいる病院を紹介してもらいましょう。
そして、その病院で再度、精密な検査を行なってもらわなければなりません。
検査により診断が下された場合は、熟練した経験を持つ専門医に治療をお願いましょう。
患者は小さな子供のケースがほとんどです。
体力のないこどもにとって、抗がん剤を投与する治療や放射線治療は体への負担も大きなものになるかもしれません。
子供の体力や体への負担、精神的な負担なども配慮しながら治療を行ってくれる専門医を選びましょう。

最近の傾向としては、眼球摘出よりも、できるだけ摘出せずに眼球を温存する治療を行っていこうとしています。
外科手術を行わない場合、放射線治療、抗がん剤治療、レーザー治療などの方法を選択しながら治療していくことになります。
これらの治療はまだ確立された標準的治療がないため、いくつかの方法を組み合わせながら、患者の状態に合わせて治療を行っていくことになります。
そのため、優れた技術と経験を有する専門医にお願いすることが、患者の予後の経過をも左右することになりかねません。
後で後悔しないためにも、セカンドオピニオンなども聞きながら、慎重に主治医を選ぶことが大切です。

がんの克服方法

網膜芽細胞腫の名医【網膜芽細胞腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ