網膜芽細胞腫の治療方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫にはこんな治療方法があります

網膜芽細胞腫の治療法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。
どの治療方法を行なうかは、がんの進行具合によって異なります。
また、進行具合により、眼球保存療法か、眼球摘出かの選択をすることになります。

腫瘍が眼球内におさまっており、比較的腫瘍が小さい場合は、眼球を温存する眼球温存療法がとられます。
眼球温存療法は、眼球を残したままで腫瘍だけを死滅させる治療法です。
この方法による治療では、視力を残せる可能性もあります。
現在のところ、眼球温存療法に関する標準的な治療法はまだ確立されていません。
眼球温存療法は、放射線治療や化学療法、また眼球局所治療などを行ないながら治療していきます。
しかし、これらの治療法を行う場合、その副作用の問題も大きくなります。
また、治療を行うにあたっては画像検査により治療の効果をみていきますが、その判断が難しいため、眼球内に腫瘍が残っている可能性や、また再発する場合もあります。
一方、眼球摘出手術は、腫瘍を眼球ごと摘出する手術です。

眼球局所治療といって、レーザー治療や冷凍凝固による治療があります。
レーザー治療とは、赤外線のレーザーを瞳孔を通して腫瘍部分に照射していきます。
冷凍凝固による治療は、マイナス80℃に冷却した器具を眼球の壁に当て、腫瘍を凍らせることにより死滅させようとする方法です。

放射線治療や化学治療を行っていく場合は、複数回全身麻酔をかけることもあります。
そのため、患者本人への体の負担や、治療による副作用や痛みなどを考慮しながら治療を行っていく必要があります。

がんの克服方法

網膜芽細胞腫の治療方法【網膜芽細胞腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ