網膜芽細胞腫の予防方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫にはこんな予防方法があります

網膜芽細胞腫は早期に治療ができれば、比較的予後の経過の良好ながんです。
少しでも早く治療を行うためには、少しでも異常を発見した場合はすぐに病院で検査をしてもらうことが必要です。
網膜芽細胞腫の検査方法は、CT検査と眼底検査などがあります。

多くの場合は、眼底検査により腫瘍を発見することができます。
眼底検査は簡単な検査ですみます。
しかし、腫瘍が小さいくてみえない、あるいは網膜はく離や緑内障を伴っていて腫瘍を肉眼でははっきりと確認できないケースもあります。
その場合はさらに精密な検査を行なっていくことになります。
検査は、CT検査、MRI検査、超音波検査、X線検査などを行ないます。

網膜芽細胞腫は、検査を行なってもわからない場合もあります。
そのときは、もう少し時期をあけてから再度検査をしてみることをおすすめします。
また、片方に症状があらわれた場合は、もう片方の目も検査する必要があります。

網膜芽細胞腫は遺伝性のがんとしても有名です。
網膜芽細胞腫を発症はそのほとんどが4歳以下の乳幼児だといわれます。
そのため、両親や兄弟などの華族の中に網膜芽細胞腫の病歴を持つ人がいる場合は、網膜芽細胞腫を発症するリスクが高くなります。
そのため、定期的に検査を受けることが大切です。
検査は出生直後と、その後4歳くらいまでは約4ヶ月に一度くらいのペースで受ける必要があります。

がんの克服方法

網膜芽細胞腫の予防方法【網膜芽細胞腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ