網膜芽細胞腫の症状【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫にはこんな症状があります

網膜芽細胞腫は眼球内の網膜に発生する悪性腫瘍です。
網膜芽細胞腫はその大部分が乳幼児に見られるがんです。

主な症状としては、がんの進行度によって異なってきます。
まず、腫瘍の大きさがある程度まで大きくなると、白色瞳孔がみられます。
これは、昼間は瞳が白く見え、夜になると猫の目のように光ってみえる症状です。

眼球の向きがあっていない状態の斜視の状態になることもあります。
網膜芽細胞腫のうち約3分の2はどちらか片方の目だけにできます。
腫瘍ができたほうの目に斜視が見られることにより症状に気づくことがあります。
白色瞳孔や斜視は目立ちやすい症状のため、すぐに気づきやすい症状です。
視力障害や結膜充血、角膜異常といった症状があらわれることもあります。

進行がすすむと、緑内障の症状があらわれます。
これは、腫瘍がさらに大きくなり増殖を繰り返し、そのために眼圧が上昇することにより起こります。

さらに進行がすすむと、腫瘍はますます大きくなり、水晶体だけではなく虹彩などにも腫瘍が広がります。
腫瘍が眼球壁を破ってしまい、眼球を入れる頭蓋骨の部分の眼窩にまで広がっていきます。

網膜芽細胞腫は、腫瘍が視神経を通って脳などに転移しやすくなります。
腫瘍が脳、肝臓、肺など、全身に転移してしまうと、頭痛、食欲不振、嘔吐などの症状があらわれます。

がんの克服方法

網膜芽細胞腫の症状【網膜芽細胞腫の警告】記事一覧

網膜芽細胞腫の原因【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫の原因は、遺伝子の異常によるものと遺伝によるものとがあると考えられています。網膜芽細胞腫は、13番染色体にあるRB1遺伝子の異常が原因ではないかと考えられています。私たちの体のひとつの細胞には23対の染色体があります。それぞれの染色体は対になっており、同じ遺伝子が2つづつあります。網膜の...

≫続きを読む

網膜芽細胞腫の予防方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫は早期に治療ができれば、比較的予後の経過の良好ながんです。少しでも早く治療を行うためには、少しでも異常を発見した場合はすぐに病院で検査をしてもらうことが必要です。網膜芽細胞腫の検査方法は、CT検査と眼底検査などがあります。多くの場合は、眼底検査により腫瘍を発見することができます。眼底検査...

≫続きを読む

網膜芽細胞腫の治療方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫の治療法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。どの治療方法を行なうかは、がんの進行具合によって異なります。また、進行具合により、眼球保存療法か、眼球摘出かの選択をすることになります。腫瘍が眼球内におさまっており、比較的腫瘍が小さい場合は、眼球を温存する眼球温存療法がとられます。...

≫続きを読む

網膜芽細胞腫の名医【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫は非常に珍しい病気で、日本においては1500人に1人の割合で発症します。年間の発症患者数は約80人です。患者のうち約95%が5歳以下の子供になります。目に異常があらわれ、最初に訪れるのは近くの眼科の場合がほとんどでしょう。そこで検査を行なってもらうことになりますが、網膜芽細胞腫は眼科の病...

≫続きを読む

網膜芽細胞腫の手術方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫では、腫瘍が眼球内にとどまっているときでも、視力の回復が期待できない場合や合併症の恐れがある場合には、眼球摘出の手術を行ないます。また進行がすすんでおり、眼球の外にまで腫瘍が浸潤している場合や他の部位にまで転移がみられる場合にも、手術による眼球摘出を行ないます。一度は眼球温存療法により治...

≫続きを読む

網膜芽細胞腫の克服方法【網膜芽細胞腫の警告】

網膜芽細胞腫の予後の生存率は、比較的良好だといえます。がんの進行具合によっても異なってきますが、5年後生存率は約93%といわれています。腫瘍が眼球の外にまで広がっていた場合の5年後生存率は約71%になります。網膜芽細胞腫は早期発見がとても重要です。患者のほとんどは乳幼児のため、自分で症状を訴えること...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ