腎盂尿管がんの克服方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな克服方法があります

腎盂尿管がんは、組織的には移行上皮がんあるいは尿路上皮がんで膀胱がんと同じです。
ごくまれに腺がんや扁平上皮がんのケースもみられますが、全体の約1%とわずかです。
しかし、腎盂や尿管は膀胱よりも壁が薄いため、他の部分へ浸潤しやすくなります。
そのため、治療後も再発の危険性が高くなります。
予後の経過もあまりよくありません。
しかしそれでも表在性がんの場合は予後の経過も比較的良好で、5年後の生存率は約90%にもおよびます。
一方、進行が進んだ浸潤がんの場合は、予後は不良となり、5年後の生存率は約10~40%程度になります。
腎盂尿管がんの場合は、膀胱がんの予後よりもさらに不良となります。
さらに、転移が見られたかなり進行した腎盂尿管がんの場合は、2年後の生存率はわずか10%以下となります。
これらのことから言えることは、腎盂尿管がんは早期に発見でき、早期に治療することができれば、治すことができる病気だということです。

比較的早期で発見でき、早期治療によりがんを治すことができた場合でも、その後の生活の仕方がとても大切になります。
腎盂尿管がんの発症リスクを高めるものとして、喫煙と腎盂尿管がんとの関係は明らかになっています。
がんを治療した後も、喫煙の習慣を続けていると、再発のリスクを大きくしてしまうことになります。
再発を予防するためにも、禁煙をし、がんの発生に悪影響を及ぼすとされていることはしないようにしなければなりません。
必ず定期的に検査を受けるようにし、再発を予防していけば、きっと腎盂尿管がんを克服できるはずです。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの克服方法【腎盂尿管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ