腎盂尿管がんの名医【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな名医があります

腎盂尿管がんの手術においては、近年では内視鏡による治療を行う医療機関も増えてきました。
しかし、非常に繊細ゆえに難易度の高い手術となり、まだ一部の限られた病院でしか行なっていません。
糖尿病などの病気を同時に患っている人や、何かの病気のために腎臓が片方しかない人、あるいは結核の既往歴がある人などは、腎尿管全摘除術を行なうことはリスクを伴い、術後は一生、人工透析を行わなければならなくなるかもしれません。
このような病歴のある患者の方は、内視鏡で治療を行うことにより、これらのリスクを回避することが可能です。
そのため、内視鏡による治療を行ってくれる医療機関や専門医を探すのがいい方法でしょう。
しかし、内視鏡による治療を行えるのは、比較的早期の表在性がんの場合に限られます。

腎盂尿管がんは表在性がんの場合でも治療後に再発が多いがんです。
また、治療後に膀胱に再発する可能性もあります。
万が一再発した場合には、どのような治療方法を選択していくかについても、主治医から説明を受けておく必要があるでしょう。

腎盂尿管がんの治療を行うにあたっては、担当医から治療方針について十分な説明を受け、納得した上で、患者本人の意思により治療方法を選択するインフォームド・コンセントがしっかりとなされなければなりません。
どうしても治療方針に納得のいかない場合には、セカンドオピニオンを聞くことも大切です。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの名医【腎盂尿管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ