腎盂尿管がんの治療方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな治療方法があります

腎盂尿管がんの治療方法には、手術、化学療法、放射線療法などがあります。
どの治療方法を行なうかは、がんの進行度などにより選択していきます。

他の部位に転移がみられず、手術により腫瘍を全部取り除くことができると判断される場合には、基本的には手術により腎尿管を摘出する治療が行われます。

治療前の画像検査により、他の部位へのがんの浸潤が認められた場合は、まず最初に抗がん剤投与による化学療法を行ってから手術を行なうケースもあります。

他の部位に転移が見られ、手術により切除を行なったとしても完全に切除することができないと判断した場合には、抗がん剤投与による化学療法を行っていくことになります。

抗がん剤の効果があらわれ、腫瘍が小さくなり、手術により腫瘍を取り除くことが可能になると、手術による切除を行ないます。
この手術により切り取った細胞を顕微鏡で詳しく検査し、がん細胞を発見した場合には、引き続いて抗がん剤投与や放射線治療が行われます。
抗がん剤が効果を発揮する場合は、できる限り抗がん剤治療を行っていきます。

放射線治療は、がん細胞を死滅させる目的のほか、骨などに転移している場合、痛みをやわらげたり骨折を防いだりする目的でも行なわれることがあります。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの治療方法【腎盂尿管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ