腎盂尿管がんの予防方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな予防方法があります

喫煙と腎盂尿管がんとの関連性は大きいということがわかっています。
鎮痛剤の成分のフェナセチンは発がん性物質を含むということで販売中止になりましたが、喫煙はフェナセチンの3倍も発がんの危険性が高まるという報告もされています。
このことからも、喫煙の習慣をやめることは腎盂尿管がんの予防方法としてはとても有効であるといえます。

タバコを吸わない人も受動喫煙をする恐れがあります。
家族など身近な人にヘビースモーカーや喫煙習慣者がいる場合は、注意をする必要があります。

血尿がみられるなど、少しでも異変を感じたら、すぐにでも病院で検査してもらうことが重要です。
できれば総合病院や大学病院などの泌尿器科で精密な検査を受けるようにするとよいでしょう。

近年では検査技術の進歩により、特別な自覚症状があらわれなくても超音波検査などにより、偶然に腫瘍が発見されることもあります。
また、水腎症がみられることから精密な検査を行なった結果、腎盂尿管がんが発見されることもあります。
腎盂尿管がんは、早期発見、早期治療を行うことで予後の経過もまったく異なってきます。
早期発見ができるように、特に異常はなくても、定期的に検査を受けることをおすすめします。
腎盂尿管がんは加齢とともに発症率が高くなる病気です。
高齢の人は特に注意し、定期的に検査を受けるようにしましょう。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの予防方法【腎盂尿管がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ