腎盂尿管がんの原因【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな原因があります

腎盂尿管がんは比較的まれながんで、膀胱がんの約20分の1の発症率です。
腎盂尿管がんを発症する年齢は、50歳以上が約90%を占めます。
高齢になるほど発症率は上昇していきます。
このため、腎盂尿管がんの発症リスクを高める要因のひとつとして加齢があげられます。

膀胱がんと同様に、腎盂尿管がんの発症を高めるリスクとなるものには喫煙があげられます。
膀胱がんを発症する男女比は、男性が2~4に対して女性が1の割合で男性の方が発症が多くなります。
また、膀胱がんと同様に、尿中における発がん性物質との接触が原因となることもあります。

染料、塗料の原料に使われるベンジンやβナフチルアミンなどの発がん性物質を含む化学薬品などを長期間にわたって曝露した場合も、腎盂尿管がんの発症率を高めるとされています。
これらの発がん性物質の一部は現在発売中止や使用禁止となっているものもあります。

フェナセチンという鎮痛剤やシクロホスファミドという抗がん剤の使用も発症リスクを高めるといわれます。
フェナセチンの尿毒性と腎盂尿管がんとの関連性とは指摘され、現在は発売注視となっています。

尿路結石や尿路感染症などのような慢性の炎症を発症している人は、腎盂尿管がんを発症するリスクも高くなると考えられています。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの原因【腎盂尿管がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ