腎盂尿管がんの症状【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんにはこんな症状があります

腎盂とは、腎臓で作られた尿をためるところで、尿管は腎盂にためられた尿を膀胱へ送る管です。
腎盂にできる腎盂がんと、尿管にできる尿管がんを合わせて腎盂尿管がんとよびます。

腎盂尿管がんの主な症状は血尿です。
腎盂尿管がんの患者のうち75%以上の患者に血尿の症状がみられます。
血尿は通常は痛みを伴わないため、自覚症状がありません。
血尿は肉眼でわかる場合もあれば、検査をしてみないと血尿だとわからない場合もあります。

がんが進行し腫瘍が大きくなると、尿路障害がおこります。
尿路障害は、血液のかたまりのため尿が尿管を流れにくくなることでおこります。
腎臓が腫れるなどの障害がおこり、水腎症を引き起こしてしまうケースもあります。
これらは自覚症状のないまま、徐々に進行していくケースもみられ、発見が遅れてしまうこともあります。

水腎症などがおこると、障害がおこった腎臓がある側の腰や背中が痛くなるケースもあります。
このような痛みは尿管結石の症状とよく似ています。
水腎症が長く続くと、無機能腎といい腎臓の機能がなくなってしまうこともあります。

さらに進行すると、膀胱内に血液が溜まって排尿できない状態に陥ることがあります。
これを、膀胱タンポナーデといいます。

がんの克服方法

腎盂尿管がんの症状【腎盂尿管がんの警告】記事一覧

腎盂尿管がんの原因【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんは比較的まれながんで、膀胱がんの約20分の1の発症率です。腎盂尿管がんを発症する年齢は、50歳以上が約90%を占めます。高齢になるほど発症率は上昇していきます。このため、腎盂尿管がんの発症リスクを高める要因のひとつとして加齢があげられます。膀胱がんと同様に、腎盂尿管がんの発症を高めるリス...

≫続きを読む

腎盂尿管がんの予防方法【腎盂尿管がんの警告】

喫煙と腎盂尿管がんとの関連性は大きいということがわかっています。鎮痛剤の成分のフェナセチンは発がん性物質を含むということで販売中止になりましたが、喫煙はフェナセチンの3倍も発がんの危険性が高まるという報告もされています。このことからも、喫煙の習慣をやめることは腎盂尿管がんの予防方法としてはとても有効...

≫続きを読む

腎盂尿管がんの治療方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんの治療方法には、手術、化学療法、放射線療法などがあります。どの治療方法を行なうかは、がんの進行度などにより選択していきます。他の部位に転移がみられず、手術により腫瘍を全部取り除くことができると判断される場合には、基本的には手術により腎尿管を摘出する治療が行われます。治療前の画像検査により...

≫続きを読む

腎盂尿管がんの名医【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんの手術においては、近年では内視鏡による治療を行う医療機関も増えてきました。しかし、非常に繊細ゆえに難易度の高い手術となり、まだ一部の限られた病院でしか行なっていません。糖尿病などの病気を同時に患っている人や、何かの病気のために腎臓が片方しかない人、あるいは結核の既往歴がある人などは、腎尿...

≫続きを読む

腎盂尿管がんの手術方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんの手術は、腫瘍部分のみではなく、がんが発生した側の腎臓、尿管、膀胱壁もすべて含めて切除を行なう腎尿管全摘手術が標準的に行なわれます。腫瘍以外の部分もすべて切除するのは、これらの部分を残したままにしておくと、がんが再発する可能性が高くなるからです。腎盂尿管がんにおける腎尿管全摘除術は、平均...

≫続きを読む

腎盂尿管がんの克服方法【腎盂尿管がんの警告】

腎盂尿管がんは、組織的には移行上皮がんあるいは尿路上皮がんで膀胱がんと同じです。ごくまれに腺がんや扁平上皮がんのケースもみられますが、全体の約1%とわずかです。しかし、腎盂や尿管は膀胱よりも壁が薄いため、他の部分へ浸潤しやすくなります。そのため、治療後も再発の危険性が高くなります。予後の経過もあまり...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ