前立腺がんの手術方法【前立腺がんの警告】

前立腺がんにはこんな手術方法があります

前立腺がんの手術にはいくつかの方法があります。
どの手術方法を選択するかは、がんの進行度によって異なってきます。

前立腺全摘手術は、比較的早期発見で、がんが前立腺内にとどまっている場合に行われます。
手術は開腹により行われますが、開腹の仕方には2通りあります。
恥骨上部からメスを入れて開腹する恥骨後式と、もうひとつは会陰式で、これは精巣と肛門との間からメスを入れる方法です。
前立腺は手術によって全部摘出します。
リンパ節に転移している可能性がある場合はリンパ節の切除も行います。
場合によっては、精嚢や精管肥大部も切除します。

腹腔鏡下前立腺全摘手術は、開腹せずに腹腔鏡と呼ばれる内視鏡を使って行う手術です。
内視鏡を入れるため、お腹に小さな穴を数箇所開けます。
開腹手術に比べ、出血も少なくてすみ、患者への体の負担も軽くてすむため、手術後の回復も早くなります。
しかし、この手術は早期の前立腺がんの場合にしか行うことができません。

経尿道的前立腺切除術は、かなりがんが進行し、手術による治療が行えない患者に対して、少しでも患者の体の負担を軽減させる目的で前立腺の一部を切除する手術です。
がんが進行し大きくなることで尿道が圧迫され、排尿障害が起こります。
この手術は、尿道から内視鏡を入れて尿道を圧迫している前立腺の一部を切除することで、排尿障害をなくそうとする手術です。
がんの根治を目的とした手術ではありません。

がんの克服方法

前立腺がんの手術方法【前立腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ