前立腺がんの治療方法【前立腺がんの警告】

前立腺がんにはこんな治療方法があります

前立腺がんは高齢者に多く発症が見られ、がんの進行度が遅い病気です。
進行が遅いことから、じっくりと経過を観察しながら治療を続けていくことができます。

前立腺がんの治療法には、手術療法、内分泌療法、放射線療法、待機療法などがあります。
がんを根治するのにもっとも効果的な治療法は手術によりがんを摘出する方法です。
しかし、手術による治療は、がんの進行があまり進んでなく、前立腺内にとどまっている状態でなければ行うことはできません。

内分泌療法はホルモン療法ともいいます。
前立腺には、テストステロンという男性ホルモンが大きくかかわっています。
このテストステロンの分泌をホルモン剤により抑制することで、前立腺がんを小さくすることができます。
内分泌療法は、このテストステロンの分泌を抑えることでがんの増殖を防ごうとする治療法です。

内分泌療法には薬剤内分泌療法、精巣除去手術、術前ホルモン療法など、いくつかの方法があります。
薬剤内分泌療法は、抗男性ホルモン薬と女性ホルモン薬があります。
抗男性ホルモン薬は、前立腺がんの原因となる男性ホルモンに働きかけ、抗男性ホルモン薬を投与する方法です。
女性ホルモン薬は、男性ホルモンを抑制させるために女性ホルモンを投与していき、がんを小さくしようとする方法です。
体内で女性ホルモンが多くなるため、乳房が大きくなったり、心臓の血管に障害が出るなどの副作用があらわれたりすることがあります。
最近では、副作用を抑えた治療法も開発されてきました。
LH-RHアナログ療法は、男性ホルモンの分泌を活発にする性腺刺激ホルモンの分泌を抑える働きがあるLH-RHアナログ薬を投与する治療法です。

精巣除去手術は、手術により精巣を摘出することで、精巣から分泌される男性ホルモンをなくす治療法です。
手術は約30分程度で終わります。
最近では、手術を行う代わりに、同じ効果のあるホルモン剤を投与する方法がよく行われます。

術前ホルモン療法は、手術により前立腺を摘出する3ヶ月~4ヶ月前から男性ホルモンを投与し、がんを小さくしてから手術を行う方法です。
がんを小さくしてから手術を行うため、患者の体への負担も軽くてすみます。
このように、前立腺がんの治療には選択肢が多いのが特徴です。

がんの克服方法

前立腺がんの治療方法【前立腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ