前立腺がんの原因【前立腺がんの警告】

前立腺がんにはこんな原因があります

前立腺がんを発症する直接的な原因はまだ解明されていません。
しかし、前立腺がんを発症する率を高くするといわれている要因はいくつか考えられます。

まず、前立腺がんの発症には、食生活が大きく影響しているといわれています。
動物性脂肪、高カロリー、高たんぱく、高コレステロールのものなど、欧米型の食生活は前立腺がんの発症リスクを高くするといわれています。
乳製品の摂りすぎも発生率を高くするといわれています。
実際、前立腺がんは欧米人に多い病気です。
このような欧米型の食生活を続けることで、性ホルモンのバランスが崩れ、前立腺がんを発症しやすくなります。

遺伝的影響も前立腺がんを発祥する要因リスクとなります。
家族や血縁関係にある親戚の中に前立腺がんにかかったことのある人がいれば、前立腺がんを発症する確率も高くなります。

また、前立腺がんを発症するリスクを高くする要因として、年齢があげられます。
前立腺がんを発症する患者の90%以上が60歳以上の高齢という事実からもわかります。
前立腺は男性ホルモンと大きくかかわっています。
高齢化するにしたがって男性ホルモンのバランスが崩れ、その影響で前立腺がんを発症しやすくなると考えられています。

がんの克服方法

前立腺がんの原因【前立腺がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ