咽頭がんの治療方法【咽頭がんの警告】

咽頭がんにはこんな治療方法があります

咽頭がんの治療方法には、放射線治療、手術治療、化学療法とがありますが、その中でも放射線治療が主な治療法です。
上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんのどれかによっても治療方法が大きく異なります。

上咽頭がんの場合、放射線での効果があらわれやすいため、放射線治療が手術よりも優先して行われます。
上咽頭がんは、がんの進行がかなり進んでいる場合でも外科治療は行わず、放射線治療だけでも治療を行うことが可能です。
そのため、上咽頭がんの治療では、基本的に手術が行われることはほとんどありません。
また、上咽頭の周囲には、非常に多くの神経が密集しているため、手術を行うと神経を傷つけてしまう恐れがあるからです。
手術が行われるのは、放射線治療を行っても消失しないリンパ節転移に関してのみになります。

また、上咽頭がんの治療は、放射線療法と化学療法とを組み合わせて行うこともあります。
しかし、抗がん剤は副作用も多く、特に咽頭がんの場合は、かなり強い副作用があらわれることがあります。
そのため、抗がん剤を投与する治療を行う場合は、患者の年齢や状態を一番に考慮しなければなりません。
抗がん剤を使用できない場合には、放射線療法だけで治療を行っていくことになります。

中咽頭がんも放射線治療と抗がん剤による化学療法とを組み合わせて行いますが、がんの部位が上部か下部かによっても治療法は異なってきます。
しかし、こららの治療法によって治療を行ってもがん細胞がすべて死滅してしまわない場合には、手術によりがん細胞を切除します。
また、がんがリンパ節にまで転移している場合も手術により切除を行います。

下咽頭がんの場合は、早期の場合は、放射線治療と抗がん剤による化学療法とで治療していくことが可能です。
しかし、すでに進行が進んでしまってから発見されることがほとんどのため、下咽頭がんの場合は手術による外科療法が基本になります。

がんの克服方法

咽頭がんの治療方法【咽頭がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ