咽頭がんの予防方法【咽頭がんの警告】

咽頭がんにはこんな予防方法があります

咽頭がんは、早期に発見ができればなおりやすい病気です。
そのため、定期的に検査を受けることは、咽頭がんを予防する上でとても大切なことです。

咽頭がんの中でも特に中咽頭がん、下咽頭がんは、喫煙、飲酒といった生活習慣が大きな原因で発症します。
ヘビースモーカーや、長年にわたり喫煙暦のある人は、その生活習慣を改善することが最大の予防となります。
過度の飲酒を習慣としている人も、その習慣を改めなければなりません。

食べ物では、極端に熱いものや冷たいものを好んで摂取する傾向のある人、または普段の生活で意識せずにこれらのものを摂取する傾向がある人は要注意です。
また、香辛料の多く入った食べ物や、塩分の多い塩辛い食べ物を好んで摂取する人も、咽頭の粘膜が常に傷ついてしまっている危険性があります。

咽頭がんを予防するためには、上記にような食生活は控えなければなりません。
そして、がんを誘発する食べ物ではなく、逆にがんの発症を抑える効果のある食物を積極的に摂取するようにしましょう。
具体的には、がんを抑える作用のあるとされる豆腐、納豆などの大豆食品を多く摂るとよいでしょう。
また、野菜やビタミンを多く摂取しするようにしましょう。

食生活や生活習慣を改善し、がんを発症するリスクを少なくしていくことが、咽頭がんの予防につながります。
また、これらの生活習慣は、咽頭がんの予防だけではなく、食道がんや喉頭がん、舌がんなどの予防にも効果的です。

がんの克服方法

咽頭がんの予防方法【咽頭がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ