咽頭がんの原因【咽頭がんの警告】

咽頭がんにはこんな原因があります

咽頭がんのはっきりとした原因はまだ解明されていません。
しかし、咽頭がんの原因ではないかと考えられることはいくつかあり、それらは咽頭がんの種類によっても異なってきます。

上咽頭がんの日本での発症例はきわめてまれであるといわれます。
上咽頭がんの場合、EBウイルスというウイルスが発症と関与していると考えられています。

中咽頭がんも比較的まれながんで、50歳台から60歳台の男性に多く発症がみれらます。

下咽頭がんも、50歳台から多く発症が見られます。
下咽頭がんの中でも、輪状軟骨後部にできるがんは、貧血の女性に多いといわれています。
輪状軟骨とは、のどぼとけの下にある軟骨のことです。

中咽頭がんや下咽頭がんでは、タバコとアルコールががんとの大きな因果関係にあるとされています。
長年にわたって、喫煙と飲酒が生活習慣となり続けている人は、要注意です。
また、飲酒は体質とも関係しているといわれています。
もともとアルコールが弱い体質にもかかわらず、長年にわたり飲酒を続けている人はより発症のリスクが高くなるといえます。

また、長年続けている食生活の習慣が咽頭がん発症のリスクを高めることになります。
熱いものや冷たいものを頻繁にとる、辛いものなど香辛料の多い食物を好んで摂取する、塩分の摂り過ぎなどがあげられます。
このような食生活の嗜好を続けていると、咽頭の粘膜細胞がいつも傷ついている状態になります。
そうすることで、細胞の遺伝子ががん化しやすくなるのです。

がんの克服方法

咽頭がんの原因【咽頭がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ